William Hill

英国ブックメーカーWilliam Hill社の最新情報をお届け!取材レポート2020

投稿日:

英国ブックメーカーWilliamHill(ウィリアムヒル)の社内事情

今回も情報たっぷり仕入れてきました。

近頃は日本人のあいだでもすっかりお馴染みとなってきた英国ブックメーカーのWilliam Hill(ウィリアムヒル)社について、生の情報・ホットな話題をお届けするべく、2020年2月にロンドンオフィスにお邪魔して取材を行いました。

その際に仕入れた情報や質問の回答などをまとめたレポートを作りましたので、すでにプレーされているユーザーの皆様はもちろん、まだ使ったことが無いという方も参考にお役立てください。

ウィリアムヒルのUKオフィス再訪

ウィリアムヒルは1934年(和暦:昭和9年)にイギリスで創業した歴史あるブックメーカー。サッカー、テニス、野球、バスケその他主要なスポーツは何でも賭けることができるスポーツベッティング(スポーツの賭け)の老舗業者です。世界中にサービスを提供していて、日本人プレイヤーにも大人気。

実は2019年もオフィスへうかがいましたので、今回は2度目となります。去年のレポートはこちら。

直接取材
ウィリアムヒル社のロンドンオフィス
ウィリアムヒル社のロンドンオフィス訪問!直接聞いた老舗の魅力

さすが老舗。さすが大企業。さすがスポーツベッティングの会社。 毎年開催されているカンファレンスの出席にあたって、ウィリアムヒル社のロンドンオフィスに訪問してきました。そこで感じたこと、担当者から直接う ...

続きを見る

場所はロンドンのど真ん中、大英博物館から徒歩3分。

大英博物館

ロゼッタストーン、モアイ像、ミイラ、パルテノン神殿の彫刻、鎧兜に浮世絵など世界中の歴史・文化・工芸・美術を堪能してギャンブルの本丸へ。

ブックメーカー企業

ビルの3フロアがウィリアムヒルの事務所です。

スポーツブック大手ウィリアムヒル

エントランスには見慣れたロゴ。

ウィリアムヒル創業者

そして、創業者ウィリアム・ヒル氏の像も。去年は置いてなかったので、今回はなんとなく感慨深い。「お名前はよくうかがっております」と頭を下げて中へ。

ウィリアムヒルの日本人スタッフ

スタッフは総勢約300名。訪問中は、ほとんどが業界の国際会議へ出席しているため落ち着いた雰囲気でした。

日本語版ツイッターの更新やサイトの日本語コンテンツを担当している日本人スタッフの方はいらっしゃったのでご挨拶。今回は一度訪問済みということでオフィス見学はそこそこに、マネージャーとコンテンツ担当のお2人からしっかりと話をうかがいました。

入出金について-ウェブマネーカードで入金できない影響は?

WilliamHillの真実を取材

まずは一番気になる入出金まわりについて。

ウィリアムヒルのサイトでは、日本人ユーザー向けにはVISAまたはMastercardのクレジット・デビットカードエコペイズ(ネット口座)の2つの手段が用意されています。この前者の方では、ウェブマネーカード(Webmoney Card)というチャージ式のプリペイドカードがこれまでブックメーカーへの入金ツールとして広く使われてきていたのですが、2020年1月中旬からは、このウェブマネーカードがギャンブルサイトへの入金に使用できなくなりました。

この影響でウィリアムヒルへ入金するユーザーも減ったのでは?と質問したところ、意外にも「それほど大きな影響はなかった」とのこと。ウィリアムヒルでプレーするユーザーは基本的に後者のエコペイズ口座を使って入金・出金しているようです。これは、後述する「エコペイズ口座を利用するとキャッシュバックがある」という特典の効果もあるからでしょう。ウェブマネーカード以外のクレジットカードで入金できているユーザーも、最終的に賞金の受け取りにはエコペイズ口座が必要となるため、"ウェブマネーショック"は対岸の出来事だった模様。

ただ、決済手段が少ないことは他のブックメーカーに比べたウィリアムヒルの弱さでもあります。「新しい決済手段の導入予定はありですか?」との質問には「導入検討中」とのことでした。ユーザーの資金の安全性を確保することを最優先しているため、完全に安定していて信頼できる手段しか採用できず、どうしても動きは遅くなってしまうようです。この点は大手上場企業ならではの悩み。続報をお待ちください。

エコペイズの入金・出金キャッシュバックの今後

ウィリアムヒルのエコペイズキャッシュバック企画

2019年2月から、日本のユーザーがエコペイズ口座を利用して入金すると送金額の2.5%が毎回キャッシュバックされるようになりました。これはいわば送金手数料の還元なんですが、1年間続けてみてのユーザーの反応は非常に好評とのこと。さらに、出金時にも一週間のプレー金額に応じて最大15ユーロ相当額までが現金還元される特典がついています。

つまり、ウィリアムヒルとエコペイズ間での資金のやりとりにはどちらも現金キャッシュバックあり。この特典は今後も継続されます。

ユーザーから多い質問は?日本語チャットでご質問を

ウィリアムヒルに入金できない?日本語サポートで対応

ユーザーからの質問で特に目立つのは、クレジットカードで入金したユーザーが初めて賞金を出金する際の手続きについて。ウィリアムヒルのサイトでは、2020年2月時点だと出金方法はエコペイズ口座しかありません。そして、カードで入金したユーザーの出金画面には最初はエコペイズ口座が自動的に表示されておらず、カスタマーサポートに一度連絡して引き出しできるよう設定してもらう必要があります。

この仕様が少し面倒なので「なんとか自動で設定されるよう修正できませんか」とお願いしましたが、マネーロンダリングや不正防止のために変えられないようです。

もしもこの件を含めてプレー中にお困りなら、積極的にライブチャットサポートをお使いください。日本人ユーザーはメールでのお問い合わせをよく利用されるようですが、メールは回答までタイムラグがあるのに対して、チャットならその場で解決できます。

ライブチャットの日本語対応時間は、日本時間でAM7:00から翌AM1:00まで毎日。このあいだにチャットのページで日本語チャットを開いてご質問を。(チャットの待ち時間が長すぎるならメールへ)

競馬も相撲の賭けもプレイヤーに大人気!

ウィリアムヒルの相撲オッズの賭け方

すでにプレー中の皆様はご存知かと思いますが、ウィリアムヒルでは世界中の競馬に賭けることができます。日本馬も出走する国際レース、日本国内の重賞レースなども対象です。

これが競馬ファンにはかなり好評のようで、特に日本馬が出走するドバイW杯凱旋門賞などの国際レースは大人気だとか。2019年のドバイW杯はアーモンドアイを筆頭に日本馬が好成績を納めたため、ウィリアムヒル社は大赤字だったそうです(笑)2019年の香港国際競走もさらに赤。つまりユーザーがそれだけ儲かったということ。的中された皆様はおめでとうございます!

また、日本のG1含め重賞レースは賭け金が大きく動き、1回のbetで100万円以上を賭けるプレイヤーも多々いらっしゃるとのこと。例えばJRAなら、(100万円はまだ少額だとして)一頭に大金が集まるとオッズが下がってしまいますが、ウィリアムヒルのようなブックメーカー方式のギャンブルでは、他のプレイヤーがいくら賭けたところで先に賭けた自分の払戻しオッズは変わりません。それも競馬ファンにはありがたいのかと。

そして、2019年の夏の名古屋場所から相撲も賭けの対象に仲間入りしました!マネージャーがオッズ作成部門にお願いし続けてようやく念願叶った!と語ってくれました。力士名はコンテンツ担当さんがきっちり漢字で四股名に変えてくれています(ありがとうございます)

日本語対応の大手ブックメーカーのなかで相撲に賭けられるのはウィリアムヒルだけですから、こちらもかなり好評だとか。現状は勝敗予想オッズのみで、取組当日の朝には締め切られます。よって、相撲に賭けてみたい方は、賭けたい対戦の前日までにチェックしてお楽しみください。

Jリーグの得点者オッズはウィリアムヒルで

ウィリアムヒルのJリーグ得点者予想オッズ

Jリーグに賭けているプレイヤーには朗報です。2019年の10月から導入されたJ1の試合の得点者ベット(ゴールスコアラー予想オッズ)は、昨年はシーズン終盤の公開でイマイチ注目度が低かったようですが、今年も継続されるようです。Jリーグファンは地元のチームのオッズは開幕戦から毎節チェックを。この手のオッズは応援賭けすると試合観戦が一層盛り上がりますから、カジュアルなプレーにはうってつけです。

どうやってオッズを作っているのか?

ブックメーカーオッズの出し方
(オフィスの打ち合わせ専用席)

「どうやってオッズを出しているのか?」

これはプレイヤーとして気になる部分ですから質問してみました。

ウィリアムヒルの場合は、イギリス北部の街リーズ(Leeds)にオッズ専門部署があり、統計や各種データに基づいたシステムで概算を出し、自社のマージン(取り分)を上乗せして計算、さらに場合によっては各スポーツの専任トレーダーがチェックを行って発表しているとのこと。リーズの部署には、競馬、サッカー、テニス、野球など各スポーツに精通したスペシャリスト(主に年季の入ったオッサン)が在籍しており、「こんなオッズを出してくれ!」とマネージャーが頼んだ際には彼らが可否を判断するそうです。

最近はマネージャーの積極的な働きかけのおかげで徐々に話が通りやすくなっているようで、相撲やJリーグのスコアラーオッズの導入もそのおかげ。今後にもご期待ください。

ウィリアムヒルx当サイトのコラボイベントやります

ウィリアムヒルxLOBコラボ企画

今回のミーティングで、ウィリアムヒルと当サイトでのコラボイベントを企画する運びとなりました。新規ユーザーもすでにプレーしているユーザーも参加できる試みです。詳細を詰めておりますので、確定しましたら追ってご紹介致します。

ウィリアムヒル取材レポート2020まとめ

UKブックメーカー「ウィリアムヒル」
(休憩所にてサッカーゲームの"FIFA"で盛り上がるスタッフ達)

今回の取材では、「劇的に何かが変わる!」といった情報は得られませんでした。強いて挙げるなら、日本向けマネージャーはこれまでスポーツのみを担当していたのですが今後はカジノも兼任するようになったため、カジノゲームがらみのプロモやイベントも増えるかと思います。エコペイズを使った入手金のキャッシュバックは継続、競馬や相撲やJリーグの得点オッズは引き続き用意されるということなので、2019年と変わらず安定してプレーを楽しめそうです。

あとは、マネージャーが「このマーケット(オッズ)は赤字だった」「あのイベントも赤字だった」と話していたのが印象的でした。オッズやイベント単位では「胴元側が損をすることもある=プレイヤー全体が勝ち越す」という結果がリアルに生じていることを実感。それこそがブックメーカーを使ったスポーツベッティングのユニークな点、プレイヤーにとって一番おもしろいところ。(今年もしっかり賞金をいただきましょう!!)

ウィリアムヒルは大手で入出金が硬いところもありますが、不払いは皆無で信頼性はピカイチ。もしも当ページを最初にご覧になったのなら、アカウント登録時は入金不要ボーナスを受け取ってお試しください。

ウィリアムヒル解説
(賭け方多彩+特別ボーナス付

マネージャーのY様、コンテンツスタッフのK様、ありがとうございました!!

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーの応援賭け

ネット上のブックメーカーでスポーツに賭けることを「スポーツベッティング」と言います。プレー手順は簡単で、①使いたいサイトで会員登録→②入金→③賭ける→④勝った賞金を出金という4ステップ。以下で基礎知識と始め方をまとめているので、プレー時の参考にお役立てください。

スポーツベッティングとは?
ブックメーカーとは何か?スポーツへの賭けは他と何が違うのか
ブックメーカーとの入出金
ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの基礎知識
参加から賞金獲得まで
これさえ理解すればプレーは簡単、案内に沿ってお楽しみを

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
新規アカウントの作り方を実例を交えて具体的に解説
2.ブックメーカーの入金方法
アカウントに入金する手順やポイントの解説
3.ブックメーカーの賭け方
サイト上でオッズを選んで賭ける基本的な流れについて
4.ブックメーカーの出金方法
勝って得た賞金をアカウントから手元に引き出す方法

その他の基礎知識もチェック

すべての基礎解説はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本戦略。(サイトごとにオッズ・機能・プロモ等が異なるため。また稼ぐ上でも。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由)以下は日本語対応の中で特に使える4社。10bet Japan、Sportsbet.io、 William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。Sportsbet.ioではスポーツ観戦も可。


テンベットジャパン

人気No.1 メイン/サブにも最適

10bet Japan

完全日本語サポート、カードやネット口座やBTCなど入出金手段も豊富、試合中の賭けも使いやすいメインにもサブにも最適なブックメーカーです。(現在、登録するだけでボーナスがもらえる限定特典あり)

手軽 Card Eco Sticpay BTC V.Point

10bet Japanの解説【特典付】


スポーツベットアイオー

人気No.2 多機能+高速出金

スポーツベットアイオー

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。10bet同様に登録からプレーまで簡単で、賞金の出金処理は最速。会員は一部スポーツと競馬中継も視聴可。

多機能 Card BTC Eco Sticpay

Sportsbet.ioの詳しい解説


ウィリアムヒル

人気No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランドで、初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカー。信頼性はナンバーワン。特殊な賭け方が圧倒的に豊富、今は入出金ごとに現金還元もあり。他がメインでも併用を。

賭け方が特に多彩 Card Ecopayz

William Hillの解説【特典付】


ピナクル

人気No.4 投資にも必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界一の高オッズ(高還元)で、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します

高オッズ Card Ecopayz BTC

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較
ブックメーカー目的別比較
使用するブックメーカーを選ぶ

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


エコペイズ

入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

ほぼすべての日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込またはビットコインで手軽に入金でき、手元への引き出しも簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金受取にほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】


スティックペイ

世界中のATMで出金できる口座

スティックペイ

10betJapanやSportsbet.ioの入出金に使えるネット口座。ビットコインの出金先にも利用でき、さらに専用カードで世界中のATMから賞金を引き出し可。エコペイズ同様に必須。

カード入金 BTC入金 振込出金 ATM出金

Sticpayの詳しい解説

-William Hill

Copyright© ブックメーカーとスポーツベッティングの日本語解説書 , 2020 All Rights Reserved.