ブックメーカー業界コラム・記録

10bet Japanがユヴェントスの公式パートナーに就任!そしてNBAはあの老舗が

ブックメーカーでサッカーに賭ける

欧州サッカーファンにはなかなかのインパクト。ブックメーカー・オンラインカジノの10bet Japan(テンベットジャパン)がイタリアのサッカー名門クラブJuventus(ユヴェントス)の公式ベッティングパートナーに就任しました!

10betとユヴェントスのスポンサー契約及びドログバのアンバサダー契約は2020年に終了したため、当ページ内の画像は削除しました。

10betとユヴェントスのパートナーシップ

今回のパートナーシップ契約は、10bet Japanの母体である10bet社のユヴェントスとの国際的な事業提携という名目の元で結ばれました。契約は3年。ユヴェントスの公式サイト上でもニュースが報じられました。

10Betのスポークスマンは次のように述べています。「ユベントスのような一流ブランドと提携できることに興奮しており、10betとユヴェントスの両ブランドは同じ価値を共有しています。我々はユーザーにユニークでおもしろいプロダクト(スポーツベッティング&ゲームの機会)を提供することに情熱を傾けており、これが相互に有益な長期的なパートナーシップになると確信しています」

ユヴェントスの最高収益責任者であるジョルジオ・リッチもまた、次のように述べています。「私たちは特にイタリア国外のファンやサポーターへ向けて、エンターテイメント事業関連事業者との協業を求めてきた。私たちと10bet社は世界市場へのアプローチという点で同じ方向を目指しており、両社は完璧な相乗効果を証明している。実際この契約は、ユベントスが長年にわたって進めてきた国際的な成長プロジェクトに理想的に適合しています」

要するに、10betとユヴェントス両方にとって、世界中のファンや、スポーツに賭けたいプレイヤーへ向けた良い宣伝になるWin-Winの契約ということですね。そして、10bet社のこの契約によって10bet Japanもオフィシャルパートナーという立場になったわけです。

今後、欧州サッカーやユヴェントス関連でのプロモーションがあるかもしれませんので要チェックです。

さらにディディエ・ドログバがアンバサダーに就任

さらに、この度ディディエ・ドログバが10bet Japanのアンバサダーに就任しました!欧州サッカーファンなら知らない人はいないのではないでしょうか。元コートジボワール代表キャプテン、元チェルシー所属でCL優勝経験もある英雄的選手。

有名な元サッカー選手がブックメーカーの看板役になることはよくあるのですが、10bet Japanがドログバを"招聘"してくるとは意外。

ユヴェントス同様、彼にちなんだ何らかのプロモーションやおもしろい企画などもあるかもしれません。

そもそも公式ベッティングパートナーって何?

そもそも、オフィシャルベッティングパートナー(Offical Betting Partner)とは何なのか?

ブックメーカーという文化がない日本ではまず聞くことのない言葉。簡単に言えば、宣伝のためのスポンサー契約です。ブックメーカーはギャンブルの機会を提供する業者で、日本人の感覚からすると「ギャンブルの企業?怪しくないの?」というイメージがどこかにあるかもしれませんが、国際的には当たり前のようにスポーツクラブやスポーツイベントのスポンサーに就任しています。(日本でもパチンコ屋や競馬・競艇のテレビCMがあるぐらいですから、それらと同じだと考えたら普通に思えますね)

欧州サッカーがお好きなら、選手のユニフォーム、ピッチサイド、スタジアムの壁、街中、至る所でブックメーカーのロゴを見かけると思います。具体的な例を1つ挙げると、プレミアリーグ2019-20シーズンを戦う20クラブのうち、10クラブのユニフォームの胸にはギャンブル企業のロゴが入っています。

スポーツベットアイオーとワトフォードの提携

ビットコインを賭けられるブックメーカーのSportsbet.io(スポーツベットアイオー)は今季からワトフォードのスポンサーを務めており、肩にBTCのマークが入ったことでも話題になりました。ブックメーカーにとってスポーツチームのスポンサーになることは、世界中へアピールできる宣伝の絶好のチャンス。

業界最大手の1つウィリアムヒル社はチェルシーやトッテナムのスポンサーでもあり、さらに過去にはイングランドのFA協会のオフィシャルベッティングパートナーでした。

NBAは今シーズンからウィリアムヒルと契約

ウィリアムヒルがNBAとパートナー契約

そんなウィリアムヒルは、今季からスペインサッカー2部リーグの多くのクラブのスポンサーに就任しているのですが、さらに米国プロバスケのNBAとも提携することになりました。2018年にアメリカでスポーツベッティングか解禁されてウィリアムヒルは現地での事業を拡大、その流れから今回の提携に至ったようです。あくまで米国内でのプロモーションのための契約ということだとは思いますが、とにかくウィリアムヒル社のブランド力を感じさせるトピックですね。

まとめ

これといってまとめることはありませんが…10bet、そして10bet Japanがユヴェントスとパートナーシップを"組める"ということはある程度ブランド力が(もちろん資金力も)認められたからということでしょう。まったくブックメーカーを知らない方に対しても信頼度は間違いなく上がったでしょうし、私たちユーザーからすると、このパートナーシップに絡んだプロモーションや企画は期待できそうです。10bet Japanではマネージャーの協力で当サイト限定の特別ボーナスも頂いていますので、これからプレーされる方はお役立てください。

ボーナス有
賭けリン(賭けっ子リンリン|KakekkoRinRin)旧10bet
賭けリン(10bet)登録~入出金の使い方総合ガイド【入金不要ボーナス付】

賭けリン(Kakekko RinRin) 賭けリン(賭けっ子リンリン)は、2017年オープンの10bet Japan(10ベットジャパン)が2021年10月にリブランドして生まれたスポーツブックメーカ ...

続きを見る

好きなスポーツに賭ける!「スポーツベッティング」の始め方

ブックメーカーでスポーツベッティング

好きなスポーツでお金が稼げる!?もっと楽しめる!?趣味に実益をプラスできるエンターテイメント、スポーツベッティング。はじめ方とプレーに必要な基礎知識は下記参照ください。

ブックメーカー利用の流れ
参加から賞金回収までの4ステップ(最速で始める方法)
ブックメーカーとの入出金
【基礎】ブックメーカーとの資金のやりとりの根本的なルール
賭けとオッズの基本ルール
【基礎】どんな仕組み?どんな賭け方ができる?などの実践的知識まとめ

ステップごとの解説

1.ブックメーカーの登録方法
ブックメーカーの会員登録のルール
2.ブックメーカーの入金方法
資金を入金する手順や要点の解説
3.ブックメーカーの賭け方
スポーツベットの流れを具体例で解説
4.ブックメーカーの出金方法
賞金を手元に引き出す方法や注意点

そのほか、すべての基礎知識はスポーツベッティング入門ページにまとめています。

利用必須の日本語ブックメーカー

ネットでスポーツに賭ける際は、複数のブックメーカーを使い分けるのが基本セオリーです。(サイトごとにオッズの種類・機能・ボーナスなどが異なるため。また、稼ぐ上でも有利。詳細:複数のブックメーカーを利用する5つの理由

以下は、日本語対応ブックメーカーのなかで特に使える4社です。Sportsbet.io、 Bet365、William Hillは初心者から上級者まで幅広く使えます。Pinnacleは上級者向け。


No.1 大人気ブックメーカー

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

ビットコインも日本円も、好きな通貨を賭けて増やせる人気急上昇中の次世代ブックメーカー。会員登録から賞金回収までがとにかく簡単で、ボーナスや現金がもらえる企画も多数。

最初に最適 多機能 ボーナス大量

Sportsbet.ioの解説


No.2 利用必須の世界最大手

bet365

世界最大のブックメーカー。賭けられるスポーツ・オッズの種類、機能、サポートすべてが一流。ユーザーは各種スポーツの生中継を視聴できます。

世界最大手 スポーツ中継

bet365の解説【特典付】


No.3 老舗の最高峰サイト

ウィリアムヒル

1934年創業の老舗ブランド。初心者から熟練まで長く使い続けられるブックメーカーであり、特殊な賭け方が圧倒的に豊富。他がメインでも併用価値大。(当サイト限定ボーナスもあり)

オッズ豊富 老舗

William Hillの解説【特典付】


No.4 投資/高額勝負に必須サイト

ピナクル

一般的なブックメーカーとはコンセプトが異なるプロ仕様サイト。業界トップの高オッズ(高還元)を提供し、どれだけ勝ってもプレイヤーの締め出し制限なし。稼ぐことを目的に本格的に取り組むなら必ず使用します。

高還元率 ベット規制なし

Pinnacleの詳しい解説

日本語ブックメーカー比較表
(機能・目的別分類)

入出金に使うネット口座

ブックメーカーとの入出金にはクレジットカードやビットコインなど手軽な手段のほか、下記のネット口座も広く使用されています。


入出金に使う必須のネット口座

エコペイズ

多くの日本語ブックメーカーで使えるネット口座。銀行振込または仮想通貨で手軽に入金でき、出金も簡単。クレカで入金したブックメーカーからの賞金回収にはほぼ使います。

振込入金 BTC入金 振込出金 国際送金

Ecopayzの解説【特典付】

-ブックメーカー業界コラム・記録